2019年度 JAバンク協調型事業 ~地域に根差した食農教育~

MENU
JA共済
TOPICS

2019年度 JAバンク協調型事業 ~地域に根差した食農教育~

2019年05月15日
お知らせ

JAえひめ中央は、農業に触れ合う機会が減った若い世代に、農業の魅力を知ってもらおうと「食農教育」を実施しています。
地域に根差した農業体験から、「」と「」の大切さを伝えています。
このページでは実施された食農教育を紹介していきます。

 

2019/05/10 小田幼稚園・小田小学校 サツマイモ栽培体験
5月10日、寺村自治会の方々とJAが協力し、内子町の寺村地区で6年間続いているサツマイモ栽培体験を行いました。
小田幼稚園の園児と小田小学校1,2年生の児童合わせて32人が参加しました。
 
苗植えの説明を聞いて学び、約300本の苗を植えました。
苗植えを終えた後、子供たちは「苗植えが出来て楽しかった」「苗植えを体験出来て良かった」など感想を元気に話していました。
10月中旬頃に収穫体験を行い、11月には、収穫したサツマイモを使った料理教室を開催する予定です。
農業と食育を通じて、「食」と「農」の大切さを学びます。

 

  • JA直売所へ行こう!
最上部へ戻る