JAえひめ中央とは

MENU
JA共済
TOPICS

JAえひめ中央とは

JAえひめ中央のホームページをご訪問頂きありがとうございます。

代表理事理事長 福島 龍雄JAえひめ中央は、松山市、伊予市、東温市、砥部町、松前町、内子町(旧小田町)を管内とした広域JAです。市街地から中山間地、島しょ部まで様々な地域で、その特色を生かした多くの農作物が生産され、安心安全な農作物を消費者のもとへお届けしております。
また、営農事業、経済事業、金融事業など幅広い事業を通じて、組合員や地域の皆様の暮らしを支えるとともに、地域の活性化にも努めています。

魅力ある情報の発信に努めるとともに、皆様との情報交換により、事業の展開、拡大にも生かしてまいりたいと思います。

ご意見・ご要望がございましたら、電話や電子メールなどでご連絡いただければ幸いです。

JAえひめ中央について

JAえひめ中央 は、愛媛県のほぼ中央に位置しています

平成11年4月1日、愛媛県中予地区(3市8町1村)の12JAが合併し「JAえひめ中央」が誕生しました。本所を県都松山市に設け、広域JAならではの充実した組織力を礎に組合員・地域住民の潤い溢れる毎日のため、豊かなふるさとづくりのために活動しています。

JA綱領

「わたしたちJAのめざすもの」

わたしたちは、
1.地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
1・環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
1.JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
1.自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
1.協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

JAえひめ中央経営理念

わたしたちは、

1.安全で安心な食料をつくり供給します。

新鮮で安全な食料の安定供給はJAグループ最大の使命であり、全国有数の柑橘生産地帯である等の基盤を最大限活用し、消費者の期待に応えていきます。

2.環境と人にやさしい農業を実践します。

食料の安定供給のため、農業生産力を維持発展させるとともに、活力と潤いのある農業の確立に努めます。また、環境保全型農業の推進等により、環境問題にも積極的に取り組んでいます。

3.心豊かなふれあいを通じ地域と共に歩みます。

JAは事業活動を通じて地域産業の一翼を担っており、農業を核として地域づくりに貢献していかなければなりません。そのため、心豊かなふれあいをいろいろな場面において充実させていきます。

 4.全員参加により信頼される経営に努めます。

 民主的運営は協同組合原則の核をなす条項であり、全組合員が積極的に参加して決定しなければなりません。組合員の意思を結集することによって信頼される経営に努めます。

5.とれたての、実になる情報を提供します。

IT革命・デジタル化等に見られるように、情報技術の改新はめざましいものがあります。JAも地域の情報発信基地としての役割を認識し、ニーズに即応した正確で新しい情報を提供します。

  • JA直売所へ行こう!
  • 食べてスマイルキャンペーン
  • JAバンクお知らせ
最上部へ戻る