【福祉事業】新型コロナウイルスに関する対応について

MENU
JA共済
TOPICS

【福祉事業】新型コロナウイルスに関する対応について

2020年03月06日
お知らせ

新型コロナウイルスに関する対応について

 

 JA福祉事業では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のとおり対応しています。

 

【デイサービス】

  • 職員については、出勤前に各自で体温を計測し、37.5℃以上の発熱が認められる場合等には、出勤させません。
  • 利用者の送迎に当たっては、送迎車に乗車する前に、本人・家族又は職員が本人の体温を計測し、37.5℃以上の発熱等が認められる場合には、利用をお断りしています。
  • 利用をお断りした場合は、担当のケアマネージャーと相談し、必要に応じ訪問介護等他のサービスの提供を検討しますのでご安心ください。
  • 職員や利用者のみならず、訪問者等に対しても、マスクの着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等による対策を徹底しています。

【ホームヘルプサービス】

  • 職員については、出勤前に各自で体温を計測し、37.5℃以上の発熱が認められる場合等には、サービスに当たらせず出勤させません。
  • 利用者については、体温を測定し37.5度以上の発熱等が認められる場合には、管轄保健所に相談した上で、担当のケアマネージャーとサービスの必要性を再検討し、今後のサービス内容を検討します。
  • サービスの提供を継続した場合、訪問介護員は、感染防止策を徹底させてサービスを提供します。
  • 訪問介護員は常に、マスクの着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等による対策を徹底しています。

 尚、当該感染症については、日々状況が変化しているところですので、今後も厚生労働省の事務連絡等により、最新情報を確認しながら迅速な対応に努めます。

 

  • JA直売所へ行こう!
最上部へ戻る