平成30年度 JAバンク協調型事業 ~地域に根差した食農教育~

MENU
JA共済
TOPICS

平成30年度 JAバンク協調型事業 ~地域に根差した食農教育~

2019年03月29日
お知らせ

JAえひめ中央は、農業に触れ合う機会が減った若い世代に、農業の魅力を知ってもらおうと「食農教育」を実施しています。
地域に根差した農業体験から、「」と「」の大切さを伝えています。
このページでは実施された食農教育を紹介していきます。

 

2018/12/06 北条4校合同 工場見学
12月6日、北条の小学校4校が合同で工場見学を行いました。
浅海小、難波小、立岩小、正岡小から合計45人の生徒たちが参加。
生徒たちは事前に教科書で学習してから、見学に来てくれました。
ポンジュース工場では、一瞬で搾汁されて商品になる様子や冷凍庫の中を見学。
 
北条選果場ではみかんの選別や箱詰め作業を見学し、機械がする作業と人がする作業の役割も知ってもらいました。
2018/06/14

2018/11/29
桑原小学校 稲作体験
年間を通じて、桑原支部は稲作体験を行いました。
6月14日の田植え体験には、桑原小学校2年生の生徒たちや教員、保護者など205人が参加。

田植えの説明を聞いて学び、手植えを体験しました。
10月15日の稲刈体験には、桑原小学校2年生の生徒たちや教員、保護者など195人が参加。

手作業で刈取り、収穫の喜びを感じました。
11月29日の餅つき体験には、桑原小学校2年生の生徒たちや教員、保護者など193人が参加。

自分たちで育てたお米で作ったお餅に大満足。
年間を通して、「農業の大変さ」や「食の大切さ」を学びました。
2018/06/22 伊予小学校 ちゃぐりん贈呈
6月22日、伊予市立伊予小学校に子供向け情報誌「ちゃぐりん」8月号を贈呈しました。

ちゃぐりんを受け取った5年生70人は、熱心に読書。
併せて、「食&農クイズ」や「稲作栽培」についても学び、農業への理解を深めました。

ちゃぐりん贈呈を行ったJAえひめ中央南伊予支部は、食農教育を通じて毎年、伊予小学校と交流があり、1~2年生はさつまいも栽培体験、5年生は稲作体験を行っています。
2018/06/15 姫山小学校 田植え体験
6月15日、御幸支部で田植え体験を行いました。
姫山小学校5年生87人に加え、教員、保護者も参加。

手植えを体験し、田植え機での田植えを見学しました。
2018/05/16 小田幼稚園&小田小学校 サツマイモ栽培体験
5月16日、内子町の寺村地区で、サツマイモ栽培体験を行いました。
小田幼稚園の児童12人、小田小学校の1~2年生17人が参加。

寺村自治会が主催となり、児童たちにサツマイモの苗植えを指導しました。
  • JA直売所へ行こう!
最上部へ戻る