「紅まどんな」の季節がやってきた!

MENU
JA共済
TOPICS
ブログ

「紅まどんな」の季節がやってきた!

2016年11月24日

今年も「紅まどんな」の季節がやってきました。JAえひめ中央は全国一の生産量を誇っています。
紅色が麗しく、甘い果汁たっぷりでゼリーのような食感の紅まどんなはファンが多く、毎年ご注文をいただくリピーターの方もたくさんいます。

今回は取材に伺った、紅まどんなの目合わせ会や初選果の様子についてご紹介します。

11月11日 県下統一目合わせ会
紅まどんなは愛媛果試第28号という愛媛県で育成された品種です。
味センサー選果機で糖度や酸の数値を測定し、傷や形も厳しくチェック。愛媛果試第28号のうち、一定基準をクリアしたものだけが「紅まどんな」として販売されます。
目合わせ会というのは、紅まどんなの品質を保つために、関係者が集まって等級などの選果基準を確認するお勉強会のようなものです。この日も、用意された果実を手に取り、皆さん真剣な表情で説明を聞いていました。

20161124_1

園地視察では、たくさんの紅まどんなが実るなか、生産者の方々の努力や栽培方法について説明を受けました。

20161124_220161124_3

11月17日 初選果
11月19日に控えた紅まどんなの販売解禁を前に、選果作業が始まりました。
目視で傷などがないかチェックされた後、センサーを通過して、サイズや等級別に振り分けられていきます。
このセンサーを通るだけで糖度や酸、サイズが測定されるなんてすごいですよね!

20161124_4

振り分けられた紅まどんなは手作業で箱詰めされます。果皮が薄くデリケートなので、スピーディーかつ丁寧に…

20161124_5

今年は水を抜いて糖度を上げる9月に雨が多く、厳しい気象条件が続きましたが、生産者の方々の努力によって、例年通り美味しく仕上がりました。取材に訪れた各局の取材陣もあまりの美味しさにうっとり…

20161124_620161124_7

11月26日(土)、27日(日)には城山公園で開催される「えひめ・まつやま産業まつり すごいもの博2016」にて紅まどんなを販売しますので、是非お越しください。
また、JAえひめ中央直販所「太陽市」、JAえひめ中央HP「ネットショップおひさま」でも販売しております。
1月上旬まで出荷は続きますが、12月中旬には受付を終了してしまうこともしばしば…
お早めにお問い合わせください。
【JAえひめ中央HP】太陽市ページ https://www.ja-e-chuo.or.jp/ohisama-ichi/
【JAえひめ中央HP】ネットショップおひさま http://www.ja-e-chuo.shop/

 

  • JA直売所へ行こう!
最上部へ戻る