新車に自動ブレーキの義務化

MENU
JA共済
TOPICS
車情報

新車に自動ブレーキの義務化

2019年12月26日

新型車の自動ブレーキ、21年11月義務化

 今回は、新車にまつわる自動ブレーキの義務化についてお話していきたいと思います。
様々なメディアでも取り上げられているように、政府は国内で販売される新車に衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の取り付けを義務づける方針で調整に入ったと報じられています。
 具体的には、軽トラックや軽自動車を含む2021年11月以降に発売される新型車やモデルチェンジを予定している車種を対象とするほか、既存の車種はその数年後から義務づける方向で検討されています。

自動ブレーキの目的と搭載方法について

 そもそも自動ブレーキ義務化の目的とは、 交通事故またはそれに付随する被害を軽減することにあります。
自動ブレーキの搭載は、交通事故を減らし、高齢者の方でも安心して車を運転できる社会の実現のために期待されています。

 また、現時点では自動ブレーキの後付けをすることはできません。しかし、誤発信抑制装置や衝突回避支援ブレーキ機能などを後付けする装置の研究が進められているようです。
 では、義務化された時点で自動ブレーキ未搭載の自動車に乗っている人は自動車ごと買い替えないといけないのか、というとその必要もありません。あくまでも、2021年11月以降メーカーやディーラーが新車を販売する場合、全車両に自動ブレーキを搭載しなければならない、ということです。

 自動ブレーキの有無にかかわらず、一人一人が交通事故を起こさない安全意識を持ってカーライフをお楽しみください。

トピックス topics

トピックス一覧
  • JA直売所へ行こう!
最上部へ戻る