二輪車運転教室開催

MENU
JA共済
TOPICS
ブログ

二輪車運転教室開催

2019年06月10日

愛媛県二輪車交通公園で6月6日、二輪車運転教室を開催しました。

外回り時の事故を未然に防ごうと、新任渉外担当者など10名が参加。愛媛県警察本部交通部交通機動隊 企画指導係長の、折手 一智上席警部補と、芝 香菜隊員にご指導いただきました。

 

運転前の車両点検は、事故の未然防止につながります。
「ブタと燃料」という言葉をご存知ですか?
これは、バイク乗車前に最低限チェックしておきたい点検項目の頭文字をとった言葉です。

「ブ」:ブレーキ
「タ」:タイヤ
「と」:灯火(ライト)
「燃料」:ガソリン

車両点検と聞くと、なんだか難しそうで億劫…
そう感じる方も多いのではないでしょうか。
1つ1つはとても簡単な確認作業なので、「ブタと燃料」を合言葉に少しずつ意識していきたいですね。

 

乗車訓練では、前かごに重りを載せた状態でくねくねと左右に曲がりながら走行するスラロームを体験しました。普段よりも運転しづらい状況のなか、思わず足をついてしまった職員も。折手警部補は「自分の運転技量を理解していただき、無理をしない運転を心掛けてほしい」と話してくれました。

 

JAえひめ中央では女性のMA(マネーアドバイザー)やLA(ライフアドバイザー)が増えています。今回参加したうち、半数以上は女性職員でした。男性に比べて女性は、運転に自信をもてない人が多いかと思います。このような訓練を通じて正しい知識と適切な判断力を身につけ、JAえひめ中央全体で交通事故ゼロを目指していきます。

  • JA直売所へ行こう!
最上部へ戻る