【お城下マドンナキャンパスおせち料理】ベーコンのキッシュ

MENU
JA共済
TOPICS
レシピ
レシピ情報を掲載しています。
【お城下マドンナキャンパスおせち料理】ベーコンのキッシュ
2018年12月13日 その他

♦ 作り方 ♦

1.オーブンを180℃に予熱しておく。
2.タルト型にバターを塗る。解凍したパイシートに小麦粉をふり、めん棒で薄くのばし、型にはりつけ、はみ出した部分は切る。
3.ベーコンは細かく拍子切りにし、バターで炒め、粗熱が取れたら2.に散らす。
4.卵をとき、枝豆、生クリームを加え、塩こしょうをし、よく混ぜ合わせる。
5.チーズはすりおろすか細かく刻み、3.の上に散らす。4.を流し入れ、180℃のオーブンで30分ほど表面に焼き色がつくまで焼く。

※タルト型がない場合はアルミ箔のカップを使ってもOK

★愛媛学園 渡邊笙子学園長 提供レシピ

【お城下マドンナキャンパスおせち料理】伊達巻
2018年12月13日 その他

♦ 作り方 ♦

1.はんぺんは粗く切り、卵、Aとともにフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで回す。
2.卵焼き器を熱し、薄く油をひき、1.を流し入れる。蓋をして、弱火でじっくり焼く。
3.2.の表面が乾いてきたら、鬼すだれの上に焼き目を上にしておく。巻く方向に対して平行に3本ほど切り目を入れる。
4.巻き寿司の要領でしっかり巻き、両端を輪ゴムでとめたまま、冷めるまでおく。
5.鬼すだれを外して、1cm幅に切る。

※卵焼き器がお弁当サイズの場合は、2回に分けて焼く(小ぶりなものが2本できる)
※鬼すだれがない場合は、通常のすだれに箸を並べ、その上にラップを敷いて巻けば代用可能
※卵にパセリやカニカマを入れたり、中に茹でた三つ葉を入れて巻いたりアレンジもOK

★愛媛学園 渡邊笙子学園長 提供レシピ

【お城下マドンナキャンパスおせち料理】ぶりの柚庵焼き
2018年12月13日 その他

♦ 作り方 ♦

1.ぶりは軽く塩を振って5分ほどおき、水気をとり、Aに20~30分ほど漬け込む。
2.1.の汁気をとり、中火でこんがり色づくまで焼く(グリルがない場合は、フライパンに油をひいて焼く)。

※軽く塩を振ってから少しおくと魚の水分が抜け、臭みがなくなる。おきすぎると塩味が付いてしまうので注意!

★愛媛学園 渡邊笙子学園長 提供レシピ

【お城下マドンナキャンパスおせち料理】車海老の養老煮
2018年12月13日 その他

♦ 作り方 ♦

1.海老は頭と殻が付いたまま、頭と胴体の間に竹串を入れ、背わたを取り除く。ひげと口先を同じ位置で切りそろえ、しっぽも斜めに切る。胴体を曲げた状態で、頭と胴体の間から、しっぽに向けて竹串を刺して固定する。
2.沸騰したお湯に酒を入れ、1.をさっと茹で、水気をきる。
3.鍋にAを入れ煮立たせ、2.を入れて、蓋をして10分ほど煮る。
4.熱いうちに竹串を抜き、煮汁につけた状態で冷ます。

★愛媛学園 渡邊笙子学園長 提供レシピ

【お城下マドンナキャンパスおせち料理】鶏のみそ松風
2018年12月13日 その他

♦ 作り方 ♦

1.鍋にAを入れて、焦がさないように木べらで混ぜながら練りみそを作り、冷やしておく。
2.オーブンを180℃に予熱しておく。
3.すり鉢に鶏ミンチと1.を入れてよくすり合わせ、Bを加えてさらにすり混ぜる。
4.鉄板にアルミホイルを敷き、油をうすく塗る。3.を1~1.5cm厚さにのばし、けしの実をふりかけ、180℃のオーブンで10分ほど焼く。
5.10分たったら焼き具合を確認し、青のり粉をふりかける。再度3~4分焼いたら、オーブンから取り出し冷ましておく。
6.お好みの大きさに切り分ける。

※麦みそを醤油に変えてもOK
※青のりは緑色を残すため、焼いている途中でふりかける

★愛媛学園 渡邊笙子学園長 提供レシピ

【厚生連提供レシピ】 しいたけと牛肉のシチュー
2018年12月13日 きのこ

♦ 作り方 ♦

1.牛肉は食べやすい大きさに切り、塩こしょうをしておく。
2.玉ねぎは薄切り、しいたけは石づきを落とし、せん切りにする。しめじは石づきを落とし、小房に分ける。
3.鍋にバターの半量を入れ、1.を入れて炒める。焼き色がついたら、玉ねぎを加えてさらに炒める。
4.3.にデミグラスソースとAの調味料を加えて煮る。
5.フライパンに残りのバターと油を入れて、しいたけとしめじを炒める。塩こしょうで調味し、4.に加えて煮る。
6.味を調えて器に盛り、生クリームを加えパセリをふる。

※デミグラスソースは、ハンバーグやオムレツ、ミートスパゲティなどのソースに使えます。無駄なく使いきりましょう。

★JA愛媛厚生連管理栄養士 後藤昌栄さん提供レシピ

マカロニサラダ
2018年12月13日 その他

♦ 作り方 ♦

1.マカロニは表示時間通り茹で、水気を切っておく。にんじんはせん切りにし、柔らかくなるまでレンジで加熱する。きゅうりは輪切りにし、塩でもみ、水気をしぼっておく。ゆで卵は細かく刻み、カニカマは熱湯をかけ、ほぐしておく。
2.1.とマヨネーズ、フレンチドレッシングを混ぜ合わせ、塩こしょうで味を調える。お好みで、少量の酢を入れてもよい。

黒豆コロッケ
2018年12月13日 じゃがいも

♦ 作り方 ♦

1.じゃがいもは皮をむき、柔らかくなるまでレンジで加熱する。玉ねぎはみじん切りにし、合いびき肉と炒め合わせ塩こしょうで味をつける。じゃがいもをつぶし、玉ねぎ、合いびき肉、砂糖、塩を混ぜ合わせる。
※ポテトコロッケと同様の作り方。ポテトコロッケの詳しい作り方は2017年9月号広報誌で掲載
2.1.に汁気を切った黒豆を混ぜ合わせ、小判型に成形する。
※おせちで余った黒豆を使用するのもGOOD!
3.卵に水を混ぜ、卵液を作る。2.に薄力粉をまぶし、卵液にくぐらせ、パン粉をつける。
4.約170℃に熱した米油にそっと入れ、あまり触らずに、両面がキツネ色になるまで揚げる。

  • JA直売所へ行こう!
最上部へ戻る